人工関節

手術手技について

人工膝関節置換術はすり減り、変形してしまった関節の表面を削り、そこに人工関節(インプラント)をはめ込む手術です。その際、関節を包み安定させる靭帯や関節包を温存します


人工膝関節置換術においては関節の表面を削る際の正確さが重要です。はめ込むインプラントの形と一致するように正確に削ります。これには特殊な器具を使用します。 また大腿骨(太ももの骨)や脛骨(すねの骨)の軸に対して適切な角度で正確に削ることが重要です。残すべき軟部組織(靭帯や関節包など)をいかに傷つけずに、さらに新しく挿入する人工関節に適した形で温存できるかも術者の経験と技術による部分が大きく影響します。

近年ではナビゲーションシステムという機械の力を借りてより正確な角度で骨を削る試みが始まっています。しかし、ナビゲーションは万能ではなく、これに全て頼るのは危険です。ナビゲーションを使いこなすには ナビゲーションを使用しなくても正確な手術が出来る技術、知識そして経験がなければならないのです。

このページのトップへ