クリニック紹介

院長挨拶

ご挨拶

2007年6月の開院以来、‘人と向き合う心の医療’の理念のもと、スタッフ全員の力を合わせて診療しております。 2010年4月からは医療法人 悠康会 函館整形外科クリニックとなりました。

当院では整形外科全般の外来診療、リハビリテーションを行い地域医療に努めております。入院・手術治療は私達の専門分野であります膝関節外科に特化した診療を行っています。変形性膝関節症などで手術治療が必要な方に対しては人工膝関節置換術を、スポーツ外傷などで手術が必要な方には靭帯再建術、そして種々の鏡視下手術などを行っています。これらの治療では当院独自の最小侵襲手術(MIS)とリハビリテーションにより、質の高い医療を行い、「より良く、より早い社会復帰・スポーツ復帰」をめざしております。例えば人工膝関節置換術では日常生活動作の自立が得られ、患者さんが自信を持って退院可能となるのは術後2-3週となっております。これはこの分野に特化した施設だからこそ実現可能であると考えております。

整形外科は私が全幅の信頼をおいている下記二人の先生方と共に診療しています。 一人は長年にわたり旭川医科大学附属病院 整形外科にて下肢診療班のチーフとして実績をあげてこられました前田龍智先生です。開院にあたり、副院長として来ていただき、これまでご活躍いただいております。また、もう一人はH21年5月、関東の獨協医科大学から来ていただいております鈴木 航 整形外科手術部長です。3人目の整形外科医として御活躍頂いております。
豊かな専門知識、技術、経験をお持ちの両先生と私の3名体制で整形外科診療・手術を行っています。私たち3名が同様に高い水準の診断、治療そして手術ができるよう、知識と技術を共有し、その向上に日々努めております。

また、平成20年4月からは常勤麻酔科医の会澤英男先生が診療にあたっており、一層充実した診療の提供が実現しました。術前と術中の全身管理は勿論ですが、術後の疼痛軽減についても取り組み、麻酔科の立場からも患者さんの安心と、より早い回復に関わっていただいております。

当院では受付事務、外来、レントゲン部門、リハビリ部門、手術室部門そして病棟部門の全スタッフが力を合わせて一人の患者様の診療を仕上げるよう、日々努めてきました。

今後も、より一層質の高い医療を実現すべく、日々研鑽を重ねてまいる所存です。

医療法人 悠康会 函館整形外科クリニック    院長  大越康充

このページのトップへ

プロフィール

氏  名 大越 康充 (おおこし やすみつ)
    医学博士、日本整形外科学会専門医、
日本整形外科学会スポーツ医
JOSKAS関節鏡技術認定(2016年12月6日)
生年月日 1957年10月5日生
略  歴  
  1983年 岩手医科大学卒業
北海道大学医学部附属病院整形外科入局
以後、道内の複数の病院にて研修
  1992年 函館中央病院整形外科 医長
  1998年 函館中央病院整形外科 診療部長
  2007年6月 函館整形外科クリニック 院長
所属学会 日本整形外科学会
日本整形外科スポーツ医学会
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)(評議員)
日本人工関節学会
日本臨床バイオメカニクス学会
日本臨床スポーツ医学会
米国整形外科学会(AAOS)
国際関節鏡・膝・整形外科スポーツ医学会(ISAKOS)
北海道整形災害外科学会(評議員)
北海道膝関節研究会(常任幹事)
Awards The second place prize-winning paper
International Society of Arthroscopy,
Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine(May 14-18,2001 Montreux , Switzerland )

主な業績(〜2007)

英語論文 17論文

Ohkoshi,Y.,Yasuda,K.: Biomechanical analysis of shear force exerted to anterior cruciate ligament during half squat exercise. Orthopaedic Transactions.13:310-311,1989

Ohkoshi,Y.,Yasuda,K.,Kaneda,K.,Wada,T.,Yamanaka,M.: Biomechanical analysis of rehabilitation in the standing. Am.J.Sports.Med 19: 605-611,1991

Ohkoshi,Y.,Yasuda,K.,Kaneda,K.: Shear force on the knee joint and muscle tension of the quadriceps during standing. Orthopaedic Transactions: Vol.14 No.2,481-482,1990

Ohkoshi, Y., Inoue,.C., Yamane, S., Shigenobu, K., Hashimoto, T., Ishida, R. :Changes In muscle strength properties caused by harvesting of autogenous semitendinosus tendon for reconstruction of contralateral anterior cruciate ligament. Arthroscopy 14:580-584,1998

Ohkoshi, Y., Ishida, R., Inoue, C., Hashimoto, T., Shigenobu, K., Yamane, S.,: Effect of athletic rehabilitationon muscle strength after anterior cruciate ligament reconstruction. JPN J ORTHOP SPORTS MED 17: 342-351,1997

Ohkoshi, Y., Takeuchi, T., Inoue, C., Hashimoto, T., Shigenobu, K., Yamane, S., : Arthroscopic Studies of Variants of the Anterior Horn of Medial Meniscus. Arthroscopy , 13, 725-730, 1997

Ohkoshi, Y., Nagasaki, S., Yamamoto, K., Urushibara, M., Tada, H., Shigenobu, K., Hashimoto, T., Yamane, S., : A New Endoscopic Posterior Cruciate Ligament Reconstruction:Minimization of Graft Angulation. Arthroscopy, 17, 2001, 258-263

Ohkoshi, Y., Inoue, C., Yamane, S., Hashimoto, T., Ishida, R., Changes in Muscle Strength Properties Caused by Harvesting of Autogenous Semitendinosus Tendon for Reconstruction of Contralateral Anterior Cruciate Ligament. Arthroscopy 14(6):580-584,1998

Ohkoshi, Y., Ono, A., Nagasaki, S., Hashimoto, T., Yamane, S., Ohkoshi, M., :The Effect of Cryotherapy on Intraarticular Temperature and Postoperative Care After Anterior Cruciate Ligament Reconstruction. American Journal of Sports Medicine Vol.27:357-362,1999

Ohkoshi, Y., Nagasaki, S., Ishida, R., Urushibara, M., Hashimoto, T., Tada, H., Shigenobu, K., Kanayama, M., Yamane, S., :Anterior cruciate ligament reconstruction with looped semitendinosus and gracilis tendons: Effect of postoperative activity level on knee laxity. J.H.C.G.H., 4:25-33, 1999

Hashimoto, T., Oha, H., Shigenobu, K., Kanayama, M., Harada, M., Ohkoshi, Y., Tada, H., Yamamoto, K., Yamane, S., :Mid-term Clinical Results of Graf Stabilization for Lumbar Degenerative Pathologies: A Minimum 2-year Follow Up., The Spine Journal 1:283-289, 2001

Kanayama, M., Hashimoto, T., Shigenobu, K., Ohkoshi, Y., Yamane, S.,: Adjacent-segment morbidity after Graf ligamentoplasty compared with posterolateral lumbar fusion. J Neurosurg: Vol.95 : 5-10,2001.

Hashimoto, T., Shigenobu, K., Kanayama, M., Harada, M., Oha, H., Ohkoshi, Y., Tada, H., Yamamoto, K., Yamane, S., :Clinical Results of Single-Level Posterior Lumbar Interbody Fusion Using the Brantigan I/F Carbon Cage Filled with a Mixture of Local Morselized Bone and Bioactive Ceramic Granules. SPINE Vol.27 No.3: 258-262,2002

Ohkoshi, Y., Nagasaki, S., Shibata, N., Yamamoto, K., Hashimoto, T., Yamane, S., : Two-stage reconstruction with autografts for knee dislocations. CORR, 398, 169-175, 2002

Ohkoshi, Y., Nagasaki, S., Yamamoto, K., Shibata, N., Ishida, R., Hashimoto, T., Yamane, S., : Description of a New Endscopic Posterior Cruciate Ligament Reconstruction and Comparison with a 2-Incision Technique. Arthroscopy, 18: 825-832, 2003.

Tohyama H, Yasuda K, Ohkoshi Y, Beynnon BD, Renstrom PA.
Anterior drawer test for acute anterior talofibular ligament injuries of the ankle. How much load should be applied during the test?
Am J Sports Med. 31(2):226-32, 2003.

Nagasaki S, Ohkoshi Y, Yamamoto K, Ebata W, Imabuchi R, Nishiike J : The incidence and cross-sectional area of the meniscofemoral ligament. Am J Sports Med. 2006 34: 1345-1350, 2006

その他の論文(日本語) 59論文

大越康充 安田和則:ハーフスクワット訓練において膝関節が受ける力、スポーツ医学会誌8:231-236,1989

大越康充、大越めぐみ、長崎晋矢、小野亜紀、橋本友幸、山根 繁、:膝前十字靭帯再建術後のクライオセラピーの効果、臨床整形外科 33:141-147,1998

大越康充、長崎晋矢、小野亜紀、橋本友幸、多田 博、重信恵一、山根 繁、:膝十字靭帯鏡視下再建術に用いるドリルシステムの開発 - 後十字靭帯再建術における大腿骨ソケットの形成方法 -、関節鏡 23:155-160,1998
など

依頼原稿・分担執筆 26原稿

大越康充、:膝後十字靭帯手術の工夫と成績、膝靭帯損傷・治療マニュアル、193-199、2006、全日本病院出版社

大越康充、:前十字靭帯(ACL)再建術、執刀医のためのサージカルテクニック‐下肢‐127-139,2005.、メジカルビュー社 (2005.2月発行)

大越康充、:ランニング障害、今日の治療指針2004年版:749-750(医学書院:2004.1発行)

大越康充 山根 繁、:最新の薬物療法‐変形性膝関節症‐、Pharma Medica 別冊Vol.19 No.12:130-133,2001

大越康充、:特集 膝の痛み「変形性膝関節症」、メディカルはこだて第3号24-28、2002(3月発行)

発表(国際学会) 40演題

Changes in Muscle Strength Properties Caused by Harvesting of Autogenous Semitendinosus Tendon in Anterior Cruciate Ligament Reconstruction
(International Society of Arthroscopy, Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine、May 11-16,1997, Buenos Aires)

The Effect of Cryotherapy on Intra-Articular Temperrature and Post-Operative Care After ACL Reconstruction
(American Academy of Orthopaedic Surgeons, March 19 to 23,1998, New Orleans)

Minimally invasive All-inside ACL reconstruction
(6th International ACL Study Group Meeting( Mar 26-31, 2006, Hawaii)
など

発表(国内学会、研究会など) 305演題

教育講演、シンポジウム、パネルディスカッションなど 38講演

このページのトップへ