クリニック紹介

各科挨拶

  • 前田副院長

    副院長として開院時より勤務しています。以前は旭川医科大学整形外科で下肢専門医として頑張ってきました。そこでは、外来診療全般、人工膝関節置換術をはじめとした膝関節手術、MRI(核磁気共鳴画像法)の研究や、そして動作解析装置を用いて、人間がどのような動きをしているのかを臨床に応用することなどを手がけていました。それらの経験を生かし函館整形外科クリニックをみなさんと共に育てていきたいと思います。

  • 鈴木副院長

    平成21年5月から勤務しています。 高校でラグビー、大学でアメリカンフットボール、現在サーフィンと、ずっとスポーツとかかわってきました。大学時には、アメリカンフットボールでタックルをうけ膝関節前十時靭帯を断裂しました。その後、靭帯再建術をうけリハビリを行い、再びプレーヤーとして戻った経験があります。現在、治療する立場になって、その経験を生かし患者様と同じ目線で話が出来ると思います。よろしくお願いします。

  • 會澤麻酔科部長

    平成20年度より勤務いたしました。麻酔科は手術中の患者様の全身状態を集中管理したり、患者様の痛みを緩和したりする科です。麻酔科の開設により、患者様には手術をさらに安心してうけていただける体制ができたと思います。また、関節の痛みに対して、整形外科、麻酔科、リハビリ科、総動員で取り組むことでより質の高い医療の提供を目指していきたいと思います。

  • 三浦事務長

    最新のシステムと温かい心で迅速丁寧な応対に努め、来院される皆様に「来て良かった」と感じて頂けるようなクリニックを目指し、事務部門一丸となって日々最善を尽くします。

  • 笹川看護師長

    私たちは専門的な知識と技術の向上に努め、運動機能制限による様々なストレスを抱える患者様と向き合い、早期社会復帰へ向けて支援します。患者様との関わりを通して自らも成長し、質の高い看護の提供と地域に信頼される病院づくりを目指します。

  • 吉田技師長

    リハビリテーションを円滑に進めて頂き、より良く、より早い社会復帰・スポーツ復帰へのお手伝いをさせて頂きます。リハビリテーション科は、あらゆる医療において、最も一人一人の患者様と多くの時間を共有させて頂く部門であると思います。皆様とのコミュニケーションを大切にし、地域に笑顔と元気をもたらせる科を目指します。

このページのトップへ