靭帯再建

スポーツ復帰について

以下のような基準をクリアする必要があります。

  • 疼痛や腫脹の改善
  • 筋力の十分な回復
  • 筋力比
  • パフォーマンステスト(バランス、フォームなど)
  • 復帰時期

前十字靱帯再建術後のスケジュール

あくまで上記は目安であり、症例によって多少時期は前後します。

靭帯再建術の限界

前十字靱帯再建術、後十字靱帯再建術、共にその限界は、やはり治療期間であると思います。下のグラフは移植腱の成熟過程を示しています(BTB Graftの強度の経過)。

このデータを見るかぎり6~9ヶ月以降にスポーツへ復帰することが望ましいように思われます。その他の統計データでも術後の再受傷は6ヶ月以前に多いことがわかっています。

上記はあくまで前十字靱帯再建術における実験及び統計データであり、どのような治療法、スケジュールがベストな治療法かは個々の患者さん、またスポーツ種目、時期などによって異なります。十分な相談の元、それぞれの患者さんに対して最善と思われる治療を提供していきたいと思います。

このページのトップへ